府中市白糸台エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 白糸台駅前校へ!

menu

府中市白糸台エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 白糸台駅前校へ!

今回は都立一般入試・社会編としてお話していきます。

特に上位高校を検討している生徒さん向けの話です。

具体的には

・ 通知表がオール4以上

・ 毎回社会の定期テストで80点以上毎回取っている

以上のような生徒さん達です

今年は新型コロナウイルスの影響で中学校が長期間の休校になってしまい

多くの学生たちに学習の時間を奪われてしまい多大な影響を受けてしまっています。

 

その中でご存じの方も多いかとは思いますが都立高校入試の範囲が

下記のように大きく変わっています。

 

この中で社会がどのような影響を受けるのか、

またどのように進めていければいいのかお話していこうかと思います。

上位の高校を目指している生徒さんたちにとって

理社は当たり前に80点以上取ってきます。

つまり現段階で既に習った範囲はほとんど暗記している状態になっているということです。

 

では、そこからさらに都立の社会で高得点を取るには

どのようにしたらいいのでしょうか?

その前に知っておいて欲しいことがあります。

 

社会は、ほかの科目と比べ完答・整序問題が多いです

4択問題ではあるのですが、

4つから1つを選べば終了ではないのです。

 

A 平成28年度入試問題の解答用紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B 令和2年入試問 解答用紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AとBを見比べると、

B=去年の入試の解答用紙が圧倒的に

複雑になっているのがわかります。

これは、平成29年度入試から

1つの問題で1つの選択肢を選ぶのではなく、

4つの選択肢がそれぞれどれに対応しているかを

「すべて正解しないと」点数にならないという

完全解答の方式が増えたことが原因です。

 

単なる暗記では点数が取れないのが都立入試での特徴です。

 

学校の定期テストとは形式が異なるため、

点数の取り方がわからないと高得点になりにくいのが

都立入試・社会の特徴です。

 

 

逆にいうと点数の取り方が分かれば、学校のテストよりも点数が取れる

可能性もあるのが都立入試・社会です。

 

都立入試・社会で高得点を取るために必要なこと

・9月までに・・・

  最低でも地理・歴史・公民1学期内容は全復習する。

 地理 東南アジア、ヨーロッパの国名と場所 都道府県名と場所

 歴史 江戸時代より前の時代の名前の順番とその時代にあった出来事

 は最低限身に付けておきたいですね。

 

 ・秋以降(できれば夏から)

  都立入試問題もしくはそれに近い問題を解きなれる

 

  早めに都立高校の過去問を解いておき、

  どのような問題が出るか知ってはおきましょう。

 

↓ は去年の入試で一番正答率が低かった(29.9%)問題です。

解き方としては・・・

 手順1 まずはどの雨温図(ア~エ)を決める

   資料Ⅰより「夏季は乾燥」

    → 資料Ⅱ 夏も雨が降っている→降水量が減っていないのは× 

         よって イとエは ×   残りは ア と ウ になります。

   資料Ⅰより「一年を通して過ごしやすい」

     → 資料Ⅱ 冬の平均気温が低すぎるので・・・ アは ×

    よって 選ぶ雨温図は ウ になる という流れです。

 

手順2 その雨温図が地図上のどの場所(A~D)に対応しているかを決める

  基本的に年平均気温は、

  北半球では 

   「赤道に近い(下にある)ほど高い」

   「遠い(上にある)ほど低い」

                   という関係になります。

    (日本だと沖縄(下)が暑くて、北海道が寒い(上)という感じです。)

    例外はありますが、それは塾の授業内でお伝え出来ればと思います。

 

  平均気温の高さ 資料Ⅱ   低い  エ → ア → 「ウ」 → イ 高い

  赤道からの距離 地図    遠い  D → A →  「C」 →  B 近い

       と考えると 「ウ」に対応しているのは「C」となります。

    となるため答えは  C と ウ になります。

 

事前の知識は暗記をして持っていることは当然で、

高得点を狙うにはその上でこのように

「資料をどう使いこなすかという点の慣れと練習が必要です。

このような部分が学校のテストとは異なる点と言えます。

 

問題を解いて傾向をつかむだけでなく、その攻略法まで

自分で考えるのはなかなか難しいです。

ですが、この点がわかれば社会は高得点も十分狙える科目です。

 

 

上位の高校になればなるほど1問の重みが大きくなっていきます。

社会は最低でも80点は必要になってきます。

70点台以下になってくるとほかの科目で挽回はかなり厳しくなってきます。

 

まとめると

  1. 秋までに地理・歴史の総復習は終わらせる

 

  1. 秋以降は既習範囲の都立問題を解いて傾向をつかむ

+ 学校の2学期内容を確実におさえる

(過去問は10年分ぐらい解いておくとある程度の傾向はつかめます。)

 

  1. 12月以降 最終チェックを行う

様々なパターンの問題を解きどんな問題でも柔軟に解けるようにしていきましょう。

その時一緒に今まで間違えた問題もしっかりと復習していきましょう。

当学院ではこれらの学習の流れを作るために、夏期講習を行っています。 

 

気になった方はまずはお気軽に教室までご連絡ください。

 

 

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 白糸台駅前校 フェイスブック
英才個別学院 白糸台駅前校 ツイッター
英才個別学院 白糸台駅前校 YouTube チャンネル
英才個別学院 白糸台駅前校 Google+